廿日市市佐伯総合スポーツ公園-news
news-2009/01/26

“公園における犬問題について”

 去る、平成19年11月に(社)日本公園緑地協会主催の「公園における犬問題への対応について」と

題したパネルディスカッションでご一緒させて頂いた
(財)東京都公園協会公園事業部 青戸好人課長

を始め、4人の皆さんが、1月23日(金)に当公園を視察に訪れました。

 東京都と広島県という距離はありますが、同じ管理・運営者の立場で「ペット=犬問題」の取り組みや

課題等について意見交換を行いました。


  1・ 「ドッグラン」「ペット開放」の導入の経緯

  2・ 実施状況・導入後の効果・課題等

  3・ 公園の管理状況について


以上の項目を中心に6人のメンバーが大いに議論しました。

 多少の地域差、条件等の違いはあるにしても、「ペットと人との共生を目指す取り組み」については、

同じであると実感しました。

 当公園として、「登録制によるペット同伴可能な公園」という佐伯方式を東京都内の公園で是非

チャレンジして頂き、このような取り組みから「ペットマナー日本一」を目指す公園が全国に広がって

いくことを期待します。




                 

 写真左より、

   ・(財)東京都公園協会 祖師谷公園サービスセンター長  島澤 義光 さん

   ・(財)東京都公園協会 公園事業部事業推進第一課長 青戸 好久さん

   ・(財)東京都公園協会 公園事業部事業推進第一課  チームリーダー 定秀 葉子さん

   ・(財)東京都公園協会 公園事業部事業推進第一課  高野 允人さん

   ・当公園リーダー  三上 剛
  


  当公園に到着された第一声が「本当に手入れの行き届いたきれいな公園ですね!」でした。
     本庁をはじめ、支所の皆さん、そして毎日作業をして頂いている皆さんの気持ちが、
     このようなコメントを頂いたと、とても嬉しく感じました。



CLOSE
 
Copyright (C) 1996-2006 PLANO Co.,Ltd. All rights reserved.