廿日市市佐伯総合スポーツ公園-news
news-2008/01/29

1月27日(日)  AED講習会が行われました。
 【AEDとは・・・??】
  AED→自動体外式除細動器は、電気ショックを行うための機械です。コンピューターによって自動的に
  心室細動かどうかを調べて、電気ショックが必要かどうかを決定し、音声メッセージで電気ショックを指示
  してくれますので、簡単で確実に操作することができます。

     
       初めに、スライドにてAEDの事を学びます。           心肺蘇生の練習です。

  【救命リレー】

   心臓や呼吸が止まった人の命を救うには何をすればよいのでしょうか・・・。
  
   まず、119番通報をして、救急車が到着するまでの間に、救命処置(心肺蘇生法)を行い、AEDを使います。
   救急車が到着したら、救急隊員に引き継ぎます。救急隊員は必要に応じて高度な救急処置を行いながら、
   病院へ向かいます。そして病院では専門の医師によってさらに高度な救命医療が行われることになります。

   この4つの要素、「119番通報」「応急手当」「高度な救命処置」「高度な医療」をうまくつなげて命を助ける、
   これが「救命リレー」です。

         
   AEDの準備ができるまで心肺蘇生を続けます        AEDの準備ができたら装着します。

     
                          消防の方に詳しく教えてもらいます。


  今回は地元の体育指導員の方々と、当公園スタッフが参加しました。
  講習を終えての感想として、
    ・普段の生活の中でいつ、どのような場面に遭遇するか分からないので、このような講習はとても
     大切なことだと感じました。

    ・今後もこのような講習を開催してもらい一人でもたくさんの市民の皆さんが受講してもらえばと
     思いました。
    
   など、たくさんの感想をいただきました。
 

    ★当公園にもAEDを設置しております。★
   


CLOSE
 
Copyright (C) 1996-2006 PLANO Co.,Ltd. All rights reserved.